生活習慣病の原因と予防

生活習慣病の原因と予防

いつまでも健康であり続けるためには、日頃からの自己管理が大事です。

できることから始めて生活習慣病を予防しましょう!

 生活習慣病とは、日常の乱れた生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気で、かつては“成人病”と呼ばれていました。生活習慣病にはさまざまな病気があり、日本人の3分の2が生活習慣病で亡くなっています。

 働き盛りに多い病気のため成人病と呼ばれていましたが、子供の成人病が増えて病気の原因が日常の生活習慣の影響が大きいことが判明したため、1996年、生活習慣病と改めました。病名が生活習慣病と改められたのには、病気の原因を作らぬよう、日頃の生活習慣を見直し、予防・改善していきましょう、といった啓蒙の意味合いも含まれています。


 生活習慣病は、遺伝的な要因もありますが、食生活や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどが深く関わっています。言いかえれば、普段の生活習慣を見直し、生活習慣を改善することにより、病気を予防し、症状が軽いうちに治すことも可能なのです。

 現代社会では、さまざまな要因から生活習慣病患者および生活習慣病予備軍と呼ばれる方々は増加する一方なのが現実です。このサイトを訪れたことをキッカケに、ぜひ、あなたの生活習慣を今一度、見つめなおしてください。

 生活習慣が原因となる病気は、たくさんの種類があり、どこまでが生活習慣病と定義されるのか明確な境界はありませんが、このサイトでは生活習慣の改善で予防可能な病気を列記しますので、病気を理解し、健康な体を維持するためにお役立てください。



着物の買取は安心の全国対応専門業者まで